« May 2005 | Main | January 2006 »

2005.08.09

「ハッポウサイ」(後編)

いしかわです。
これは3部作の後編です。(なんだこれは?と思う方は)
「ハッポウサイ」(前編)
「ハッポウサイ」(中編)
をご覧下さい。
-----------------------------------------
「ハッポウサイ」公演、終わりました。はじめがあれば終わりはくるものです。
1000円と引換券を握り締め、交換所にいきました。
「えらいことになっていますよ」
わたしてくれたスタッフのおねえさんはいいました。
袋2つ(衣装&ブーツと帽子(?))それに杖。カラスの頭部分と下部分が東京都指定の
ゴミ袋で覆われていました。うっすらとカラスの目が見えます。
袋3つ(上記に加え、ジャスティの上着があるため)とカラスの杖。
「あ、それでも隠してもらってるんだー」
「わあ結構大きいね」
劇場を出た人は口々にささやきます。冷麺は却下です。汗をぬぐうこともできません。
バーゲンだ、あたしはバーゲン帰りなんだ。だから大荷物なんだ。
カラス持ってるバーゲンなんだ。と自分に言い聞かせます。
子供と外国人の人は、まっすぐにこちらを見ます。
地下鉄の駅員さんは「目をそらしてはいけない」とまっすぐカラスを警戒します。
そりゃそうだろうな。なんたって杖、いしかわの背よりでかいもの。
目をそらすとカラスに見入るお父さん。
みんな、あやしくないです。眼鏡ずり落ちているけど。

しかし、ものはすごいです。感動です。すごい勉強になります。
やせよう。って思います。そして、さらに!
小林愛さんの日記(8/1)をみてびっくり!
着ている!
オークション中も話題に出ていたけど、
日記の写真あそこで公開したらもっと高値だったかも。
大事にします。やせてかっこよくきます。(かろうじて入るんですが・・)
本当です。

了。
---------------------------------------
劇団に持っていきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ハッポウサイ」(中編)

いしかわです。
これは3部作の中編です。(なんだこれは?と思う方は)
「ハッポウサイ」(前編)
をご覧下さい。
-----------------------------
開場しました。シアターサンモールに入ります。久しぶりの都会。
14:00開演だから夜は新宿でおいしいものを食べようと思っています。冷麺たべたいな。
入り口では衣装のフリーマーケットをやっていました。
おお、「ジャスキス・デス」の「ジャスティの上着」だわ。まー1000円ですって。
ふ。でも今度の台本にはきっと関係ない。無いから・・。でも1点もの(当たり前)だし・・
きっとあたしが買わなくても誰かが買ってしまうんだろうな。誰かが・・
「すみません、これください」
誰かが買うんだからあたしが買ってもいいわけだし。
これからゆっくり席に座って眺めよう。ゆっくり、うふ・うふふふふふふひ。
かなり満足でした。ここで芝居観て帰ればよかった。
ヤクルトはコップ一杯飲むものではない。
・・・。オークションが始まりました。

以下次号。では無く、第1品目は「カラレスセット」セパレートの上下にブーツと帽子?と杖。
ゴメンバーの悪役キャラです。かっちょ良かったです。
最初素肌の上できたらあまりにエロいんで肌色下着がついたとのこと。
わかる。ぼよよん(A-CLISの役)の衣装。ファーストバージョン(素肌版)は数少ない男優が正視できませんでした。(くらべてどうする)
3000円から始まるようです。声がありません。1番目だからでしょうか?500円からスタートしました。誰かが声をかければあと続くものよね。誰かが・・・
「せんえん!」
Q列2番(ぎりぎりで取ったため、後ろの席)。
誰かがあげるならあたしがあげてもいいわけだし。
大丈夫。あれだけの品物1000円はないわよ。もっと値をつける娘さんが・・・
・・・娘さん・・。せんえんでした。
他の品物見たら買っていたのは男の人でした。
そういえば10万円(本当は9万円)のひとも男の人でした。
隣のカップルの女の人が、「どうやってもって帰るんですか?」と聞きました。
わかりません。未来がみえないです。公演が始まりました。
公演がずっと終わらなければいい。と思いました
本当です
以下次号(ここまできたら後編も)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ハッポウサイ」(前編)

いしかわです
8月7日、「ハッポウサイ」を観ました。
そこで「ジャスキス・デス」の「ジャスティの上着」と「ゴメンバー・デ・ショウ」の「カラレスセット」を買ってきました。
その時のことを話します。

日曜日のことでした。石川は芝居に行きます。
しかし、今回は芝居ではありません。TEAM発砲・B・ZINという劇団の夏のお祭り(イベント)です。
基本的には芝居しか観ません。
しかし、先日(といっても7月16日)芝居の日付を間違えた(信じられない)石川は泣きながら空いている時間に芝居を詰め込んだのでした。

取ったのが芝居でないとわかったのは、劇団からチケットが届いた日でした。
ああ・・・。といいながら、チケットをみました。
裏面には、芝居(?)の前にオークションがあることが記載されていました。
オークション・・・。
加藤さんに連れて行ってもらった、TEAM発砲・B・ZINのオークション・・・(回想)
「ジャスキス」の「初代ジャスティ」のコスチュームが出展していました。
当時(今も)OLの私は、5万円という現金を持って挑みました。
当時(今も)ジャスティ、小林愛さんを愛していたからです。
5万円、5万円、5万円、ごまんえん。という現金がありながら、私は負けました。
・・・それは10万円でした。(昨日9万円だったことが判明)
「ごまんえん!」と叫んだ声はシアター・サンモールに吸い込まれていきました。
(腹筋がないためか)
回想おわり。
当日、感慨なく現地へ向かいました。感慨ないなら開演時間の14:00にいきゃーいいのに、
オークションに間に合うよう13:00に到着しました。
暑い日でした。オークションなど眼中にありませんでした。
本当です。
以下次号(この先長いので飽きた方はここまでで・・)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | January 2006 »