« January 2005 | Main | August 2005 »

2005.05.10

エレクトリカル・パレード

連休にTDLへ行ってきました。連休最終日の日曜です。翌月曜から仕事の方がほとんどでしょうから、空いているという噂でした。結果は狙い通りで、いつ行っても混んでるTDLにしては空いてる方だったと思います。アトラクションもいろいろ乗れたし、それでもさすがに新アトラクションの「バズ・ライトイヤー」はファストパスを取るだけでも2時間待ち状態で、今回は諦めましたが。でも「ミッキーとミニーのポリネシアンダンス」のディナーショーは予約取れたし、なかなかよかったっす。

こども達の様子などは、個人のブログその後の生活に書いたので、そちらをご覧いただければと思います。

A-CLIS音響効果に取り組む者としては、いつ行ってもTDLの音響コントロールの不思議さに驚嘆します。どういう仕掛けになっているのかは、いまだに想像の域を脱せませんが、各テーマランドの間で音漏れがないように制御されていますよね。立ち木や建物の配置などが工夫されていることに加え、間に川を流してそこで音を止めているように思います。それから、混ざって聞こえても不快に感じないような音色の選択や、リズム・テンポが作られているように考えられます。

そして夜のパレード「エレクトリカル・パレード・スターライツ」です。あのフロート(山車)はどうやって制御してるんでしょう。ラジコンだとか、最近では自走式ロボットだとか、噂はいろいろあるようですね。私が注目しているのは、パレードコースの周りにあるスピーカと、フロート内蔵のスピーカの曲の同期です。

パレードが例えば、先頭から「A」「B」「C」3つの部分になってるとすると、「A」が通るときにはAの音楽がコース周りのスピーカから流れ、キャラクターの声や効果音はフロートから流れています。それが徐々に遠ざかっていくと、静かになって、「B」が近づいてくるとBの音楽が流れます。これがパレードの速度に合わせて切り替わっていくわけです。

しかも、自分が見ているのが「B」だとしてら、「A」「C」の音は聞こえないか、聞こえても邪魔に感じず目の前の「B」に集中できます。視覚的なフロートが動いてるので、耳もつられて聞きたい音を聞いているとは思いますが、それにしても、この同期と音の広がりのコントロールは、非常に良く出来ていると前から思ってました。

音響的には2-CH構成だと思います。(ステレオという意味ではない)。これを、昔はMTRに入れて、パラアウト、卓でCFしてたんでしょうか?職人技な気がします。今なら、HDかMDをMIDIコントロールするのかも。でも、同期信号はどうやってフロートへ送ってるのかなぁ、TCを無線に変調できるモデムみたいなのがあるんでしょうかね。

なーんてことを考えてると、夜も寝られない。(^^ゞ
まぁ、仕掛けを知るのが自分は「楽しい」ので、そういう楽しみ方もあるのです。

パレードの演出的な感想としては、「エレクトリカル・パレード・スターライツ」は、最初にミッキーとミニーが出てきてしまって、最後はイッツ・ア・スモール・ワールドで終わるので、何だか盛り上がりに欠けるというか、尻すぼみというか。でも、ディズニーの平和への願いが込められているのかもしれませんね。

| | Comments (69) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | August 2005 »