« May 2004 | Main | July 2004 »

2004.06.30

チラシ

しげです。

もうすぐチラシとチケットの印刷が上がってくるって、なしこさんから聞きました。

ホームページの「次回公演情報」のページに、元データから作ってもらった画像ファイルを掲載いたしました。小さい画像をクリックしていただくと、大きく表示されます。ちょっと回線速度が遅いと重く感じるかもしれないのですが、是非、ご覧ください。

今回の芝居がどんなお話なのか、雰囲気を予想しながら見ていただけたら幸いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.28

日常の演技

さとしです。

平日は会社でSEをしていて、お客さまのところによく出かけます。
現在の私の位置付けは、チームの管理者的な存在でしょうか。
お客さまの中には、打合せには出席しないけれど、打合せをしている私の姿をみるという人もいます。
最近、うちのSEがそんなうちの一人の方から、私のことを「こわそうですね、教育ママみたい」と言われたそうです。
言われたSEは私より10歳下ですが、彼は同じチームのメンバーとして同等に会話しているので(敬語は使ってます)、「へっどこが?」程度なものです。
けど、その発言をした人の横には打合せに出席をされたこともあるお客様もいて、笑ってうなづいていたとか。

えーーーーそんな風にみえるわけ??ですよ。

個人的には超ショック!!です。きょっ、きょういくまま??なんじゃそりゃ。
うちの劇団のみんなも、会社のまわりの人も、そういう印象はないし(と思ってる)、芝居でエンターテーメントを追い求めたい私には、遠い現実。。

でも管理者的立場としてはどうなんでしょう。ヨワヨワより、厳しそうに見えたほうがいいんですかねぇ。教育ママは、仕事できる人に入るんでしょうか。…複雑です。

どのSEも顧客先では演技してる部分もあると思っていますが、狙ってない反応に、ノックダウンな本日でした。

これお客さま読むかしら。
演技に役立てたい、と前向きに考えておきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.25

骨ぬき日記

う~ん…みんなの書込みが(日記)面白いなぁ…

失礼しました。いとまです。もう、一通りご覧戴けました?新A-CLISのホームページ。
如何でしたでしょう?

デザインも一新!ロゴも作成し…他にもいろいろな部分に変更が加わっていますが特に違うのは、日記やBBSのページ等、劇団員の生の声をお伝えでき、またホームページにいらした方々のご意見を聞けるようにもなったところです。

その「骨ぬき日記」。書き込みの順番は特に決めては無いのですが、一週間に二人のペースで個々が今思ってい
ることや、はまっていること稽古の日誌など、何でも書いています。

私もスタッフの一員として書き込む当事者ながら、他のメンバの書き込みがなかなか面白く、読者の一人として楽しんでもいます。(^^;)

ヘーと思える話、ためになる話、思わずほほ笑んでしまう話、いろいろありますね。
(果たして自分の書き込みは…どうでしょう?(^-^;))

さて、この日記をご覧の皆様、とげぬきBBSにきて戴き、新装開店のこのA-CLISのホームページのことや、日記を読んでの感想など、是非!お聞かせ願えませんか?一言でも構いません!お待ちしてます。(__)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もらい泣き

しげです。

6/23のトリビアの泉で「93へぇ」を取った、「もらい泣きの平井賢バージョン」には大うけしちゃいました。

一青窈の「もらい泣き」の再生速度を遅くすると平井堅が歌っているように聞こえるというトリビアなんですけど、実際に速度を80%に落とすと、もうそっくり!になるんです。まるで本当に平井堅がカヴァーして歌ってるようです。音程が合うという程度でなくて、息継ぎやこぶし回しがそのものに聞こえます。

これは音効さんとしては、自分でやってみないと!というわけで、レンタル屋さんに行って、一青窈のアルバムを借りてきました。ツールでいろいろやってみました。最近のツールは賢くて、音程を変えずに速度だけを変えることができるものが多いのですが、この場合は単純に20%遅くするというのがポイントです。

遅くすることで音程が下がります。丁度4度下がるようで、一青窈の裏声とか鼻声とかが、平井堅になっちゃいます。そして、テンポが遅くなることで、平井堅のあのかみ締めるように歌うこぶし回しになります。いやー、奇跡的かもしれないとさえ思える一致です。

今も聞きながら書いてるんですけど、もう本人のものとしか思えない!これを発見した人すごいなぁ。きっとどこかの音効さんが見つけたに違いないと推察してます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.06.21

マナー筋肉

JIMIです。
太田垣晴子さんの「オンナノコのおたしなみ」という本を買いました。
寝る前や起き抜けにちょっとぼんやりした頭で見るのが
楽しいので、ちょっとずつ、読んでます。
数ページずつで一テーマのものなので、朝読んだものを
混んで何も出来ない電車の中、頭で反復しつつ出勤しています。

ある朝。
「マナー」をテーマにしたページで、箸使いについて読みました。
子供の頃祖母、祖父と住んでいたので、「迷い箸」「ねぶり箸」とかはしないように
しつけられていたつもりでいた私は、「このページは大丈夫」などと高をくくって
読んでいたのですが、一つだけ「あ!気にしてなかった!やばい!」というのがありました。

それは、「割り箸の割り方」。
子供の時に割り箸をそんなに使わなかったからか、祖父母も知らなかったのか不明ですが、
でも確かに聞いた事がある。。。左右でなく、上下に開く様にして割るのですよね。
何もかもできないことは、簡単に諦めても、「もうちょっとで完璧」という場合は、
異常に燃える私はその日から即日「割り箸を正しく割る」ことにしました。

そして少しして。。。
なんとなく手首のあたりが重い。。手首をぐるぐる回すとちくっと痛い個所がある。。
なんだろー?と思っていたある日。
お昼に近くの居酒屋へランチを食べに行き、割り箸をマナー通りにちょっと力を
入れて(そこのはちょっと品が良いので堅い)割った瞬間!
ズキーンと手の甲と手首に痛みが!
ええっ!これって、割り箸筋肉痛?!

そう。正しく割り箸を割らねば、使わないところがあるんですね、きっと。
ううむ、深い。
さしてひどくならず、もう痛くはなくなりましたが、反省した私はそれらを
「マナー筋肉」と呼ぶ事にしました。
背筋をちゃんと伸ばしてたら、背中が痛くなったり、結婚式でナイフとフォークを
使ったら腕がだるくなったりした方は、「マナー筋肉」弱ってますよ~。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

FMT…。

なしこです。

今回の公演のタイトルが決まったことは、少し前にちあきが書いていました。
タイトルは『FMT…。-プリズム・スペース・ノート-』です。

3文字のアルファベットってよく見かけますが、私が一番目にするのは会社の行き先板上で、誰かの訪問先会社名の略称として、です。普段使っている通称と違うこともしばしばなので、私が適当に3文字のアルファベット書いてショッピングに行ってもだれも気づかないんじゃ?と思ったりもします。

行き先板の3文字略称で今までに一番印象深かったのは「xDS」。
まだそれほど3文字略称が氾濫していない頃、当時勤めていた会社で所属していた部門が海外に新しくオフィスを設置したことがありました。そこのスタッフの一員として全く別の部署から異動してきた人が赴任前の一時期、近くの席に座っていました。
赴任のための異動だったので、彼は準備や調整のためにかなり頻繁に外出していました。行き先は毎回きちんと行き先板に書いてあるのですが、かなりの頻度で発生するのにどこなのかが全く不明なのが「xDS」。他の行き先はいつも丁寧に漢字で書いてあるのに、xDSだけはいつもxDS。みんなでいろいろ考えたんですがどうもしっくりこない。
そんな中、何かのきっかけで、赴任前にどうしても免許証をとらなければいけなくて苦労している、という噂が伝わってきました。えっ、じゃあ、、、xDSの DS ってドライビングスクール?

その後しばらく外出先を無理矢理3文字の略称に置換えて行き先板に書くのが流行ると同時に、海外赴任する人にとっていかに自動車免許証が重要かをみんなで議論したものでした。(あえて誰も、行き先は確認しませんでした。)

FMT が何の略か、、、是非、劇場でご確認ください。会社名じゃないですよ。

...na

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.17

駅前のひつじ男

かんこです。

残業で帰りが遅くなると、家の最寄の駅前は客引きのお兄ちゃんやお姉ちゃんでいっぱいです。
半年くらい前からでしょうか?客引きのお兄ちゃんの一人に、ひつじの格好をした人が現れるようになったのは。
着ぐるみ、というほどちゃんとしたものではなくて、ひつじのかぶり物(頭だけ)に白い長袖シャツと白いももひき、みたいな感じのものを着て、道行くサラリーマンに声をかけていました。なにせスーツのお兄ちゃんたちの中、あまりに目立つので、居るとつい目で追ってしまうようになったものです。
しばらくすると、駅前ではたぬきの着ぐるみのお兄ちゃんとかも客引きをするようになっていました。そのうち、さる、怪獣、うし、ピカチュウと、気付けば駅前は着ぐるみのお兄ちゃんでいっぱいになっています。でもいつのまにか、ひつじ男の姿は見かけなくなったのでした。
か○た駅前の客引きにひとつの流行を作ったひつじ男。彼は今どうしているのでしょうか…。

って、多分他の着ぐるみを着て立ってるんだと思うんですけどね。
だって着ぐるみだと、顔はよく分からないから……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.15

ネットは便利

しげです。

梅雨の中休みといった感じの暑さです。でも明日はすこし涼しいくらいになるとか。体調管理に気をつけないとね。

自分が芝居の音響効果に携わって20年くらい経ちます。といっても、年がら年中というわけでもないので、ポツポツとしたペースですけれど。振り返ってみると、オープンテープやレコード、カセットテープだったころからやってます。今も手元にオープンリールの音源テープが残ってますが、再生するデッキがないのが残念なところ。

A-CLISを旗揚げしたとき、当時出たばかりのMDを初めて使いました。Vol.2まではカセットと併用でしたが、その後はMDで音だしをしています。自分で録音できて、小型で音質もそこそこよくて、デジタルなんで劣化しないし、何しろ頭だしがすぐできるのが画期的でした。

テープだと巻き戻して慎重に頭だししておかないと、芝居のタイミングに合わせるポン出しが難しい。デッキの再生立ち上がり時間も予測して、やや突っ込み加減に出すのがノウハウだったものです。それが、MDだと頭だし一発です。巻き戻し時間がないので繰り返しの稽古の効率アップになりました。

ただし、デジタル機器は埃や振動に弱くて、稽古場や小屋の現場ではディスクがエラーを起こすことがあって、ヘッドクリーナーと予備のコピーディスクを準備しておくことが新しいノウハウになりました。

その後、いとまくんがサンプラーを入手してくれたので、1発系の効果音の出しが更にやりやすくなりました。A-CLISの芝居はBGMも多いですが、効果音もたくさん使います。それを役者のノリに合わせて出すには呼吸の読みが必要で、目と耳と指先に集中するのですが、デジタル機械はそれを支えてくれます。

今回の芝居では、もう一つ道具が加わりました。それは、ネットを使った共有フォルダと音データのストリーミングです。共有フォルダでは、音効だけでなく、小道具や衣装などのスタッフ作業のリストやデータをメンバーでやりとりできる環境を作りました。そして、音効も作った効果音や編集したBGMを圧縮してサーバにアップしています。これを演出のじみさんや役者さんたちが自分のPCでストリーミング再生して聞くことができるようにしたのです。

これで、週末の稽古時だけでなく、平日もどんどんアップして聞いてもらい作業にフィードバックできるようになりました。役者さんも自分の段取りのある音をいつでも聞けます。こんなことが気軽に、しかも安価に実現できるとは、ネットの普及で便利になったものですね。仕事ではネットワーク関連に携わってますが、こういう形で享受できると嬉しい気持ちになります。

音効のデジタル技術の活用については、他にも収集や編集、加工についてもいろいろあります。それはまた、稿を改めて書こうと思います。(しげ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.11

はやってる(?)遊び

たべちこと多辺田智里です。

この頃、稽古場ではやってる遊び。
遊びといってもすっごく疲れますけど。

鬼ごっこみたいなもの…っていうか「意地悪」の延長(笑)?
立ってる人をしゃがんだまま追いかける。
ただそれだけなんですけど、なんだかとっても楽しいんです。すっごく疲れますけど。
なぜか、追ってこられると怖くなって逃げちゃうんです。
なぜか。追う側が超満面の笑みでターゲットを見上げながら追ってくるからでしょうか…。
目を生き生きと輝かせながら口も「にーっ」と笑って、動きは虫のようだから?

あぁ…。うまく説明できない…。
なんともいえない怖さは体験したらきっとわかるはず!

でも、「追う」方が断然、楽しいですけどね。すっごく疲れますけど。

楽しみながら体力づくりっ。かなりいい運動になってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.08

進んでいく

石川です

タイトルが決まりました。
またひとつお芝居が形になった気がします。
しかし、個人的な課題は残件が残っています。
6/6の稽古でじみせんぱいが小道具。いや衣装のお手本を作ってくれました。
衣装なのですが、つくりは工作っぽいです。
同じのをもうひとつ作ります。
作ると石川の進捗表に丸がひとつつきます。
こうして完成まで進んで進んで進んでいくのです。
頑張ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.02

稽古日誌(0529)

いとまです。こんにちは。
たまには稽古の日誌を書いてみようと思います。(^-^)

土曜の稽古はいつも午後から夜9時まで行っています
現在は、キャストも決まり、衣装・小道具の収集を行っています
今日はまず、各自購入してきた衣装小道具を持ち寄り、衣装のかんこさんに、確認しながら身に着けていました。
いろいろ揃ってくるとワクワクしてきますなぁ。(^^)

台本の方は第三稿になるのかな。おどるさんは仕事が忙しい中、改稿に精を出しています。
身内びいきに聞こえてしまうかもしれませんが、いつもながら面白い内容です。
今までも本番を含めて音効操作をしていて見入らないようにするのが大変なんです。ほんとに。
音効は稽古を含めると誰よりもA-CLISの芝居を見ているんですがね。
回を重ねるごとに面白くなっていく舞台に、何回見ても新鮮さを感じるんですよ。。
芝居の醍醐味ってやつでしょうか。(^^;)

一通りの衣装小道具の確認が済むと、体トレ・発声の後、本読みに入りました。

その役者達の稽古の裏で音響効果と演出家は現時点での台本での音効リストのブラシュアップをしました。
現在の音効作業は、ネタを探しているところ、です。悩みどころの音がほんと、満載なので大変!(@@;)

こんな感じで稽古を進めています。

本番まで3ヶ月を切りました。5月公演を行っていた頃に換算すると、丁度3月に入ったところ。
これからどんどん芝居が密になっていきます。

8月を楽しみに待っていてくださいね。。。。\(^▽^)/

| | Comments (576) | TrackBack (0)

« May 2004 | Main | July 2004 »